イロトリドリの音楽会 後記

9月23日
青谷明日香×うたうたいりりぃ
【イロトリドリの音楽会】後記

c0112672_20064206.jpeg

ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!!
なんと自分でもビックリする程
お客様が来てくださって
蓋をあけたら85名のお客様で
満員御礼となりました!

企画から1人で考え
宣伝し開催に至るわけですが
人が来るかどうかも恐ければ
うまく行くだろうかと考えることも
たくさんです。
華やかに見えて、地道な作業の連続の
積み重ねでもあります。

それでも以前のわたしでは
なし得なかったことが、
現在、形にできていることを
過去の自分にエールを送りたいし、
協力してくださる皆様に喜びの気持ちで
いっぱいです。

わたしの尊敬する
青谷明日香さんをお呼びしたいと
思ってから5年。今に至るまで
たくさんの勇気が必要でした。
だけれど、今だ!!という
ピンとくるタイミングがあり、
開催することができ

オープニングのようたろうのステージ
からライブ当日の流れに
テーマがあって、それは偶然であるのに
どこか必然的に感じる部分があり
c0112672_20072392.jpeg


15才ギター少年ようたろうは、
等身大の自分の想いを言葉と歌に
込めてくれて、今自分や学校とのこと
たくさん向き合っています
その彼の覚悟の中、
わたし達大人に、楽しんでるかい?
と投げかけ、誰もが彼からメッセージを
受け取ったのではないかと思います。
それはそれは、素晴らしいステージで
わたし達が、教わることたくさんでした。
ようたろうが、うたうことで
子供も大人も刺激しあえる空間に
したくて、大人だから子供だからという概念を超えたかった気持ちもあり
まさに化学反応が起きていたあの場の
空気感に泣けました。。

そして、青谷明日香さんのステージも
c0112672_20075110.jpeg

ようたろうの流れを受け継いでくれて
いて、素晴らしいステージでした。
きっと明日香さんが感じてくれる方だからこそ、今回の化学反応が起きたし、

わたしが好きになった理由も
明日香さんのうたと言葉に
嘘がないからなんだと。。
その光により希望を感じ
共感して自分自身励まされ救い上げられ、音楽を続けられたと思っています。

そしていつもお世話になっている
ザハンチングと共に、今回はじめて
朗読にチャレンジしました。
ハンチングのおかげで、また新たな
トビラが開かれ喜びです。

そして設営、看板装飾などサポートしてくれた看板屋たけちゃん。
c0112672_20083632.jpeg

急にもかかわらず、看板に色を塗ってくださり、ポスターも描いてくれたnatunatuna さん。
c0112672_20090627.jpeg
c0112672_20092645.jpeg


音響の植田さんは、毎度温かく見守って
くれていて心強く、
19歳からのわたしの音楽を知っている
貴重な方です笑

会場を貸してくださった西岡さんは、
足りない部分を
いろいろ配慮してくださり動いてくださってありがたかったです。

当日、写真撮影を快くうけてくださった
堀川文宏、ほりかわ波夫妻!
ありがとうございました!

受付のじゅんこさん、ようたろう家族
ケータリングのめぐみ食堂さん!
観に来てくださった皆様、ありがとうございました!!

そして何より
青谷明日香さんとの念願のデュエット
最高でした(^^)
大気圏で押し問答!!最高!
c0112672_20101748.jpeg
c0112672_20095584.jpeg

大人たちが日本酒を呑む姿も最高でしたし、子供達は月夜に照らされ駆け回り
お客様が子供達をみてくださり、子供達は子供達でみんな仲良くなっている
光景が忘れられません。

そして
第2回を望んでくださる声もあり
来年ピンときたら考えたいと思います!
長くなってしまいましたが。。

複雑すぎる考えをおろして
ただただシンプルに感じてうたって
行きたいです。

これからも りりぃをよろしくお願いします🌈🤲
c0112672_20103756.jpeg

photo by 堀川文宏、ほりかわ波

[PR]
by takanashirie | 2018-09-27 20:05 | Comments(0)

うたうたい りりぃのつぶやき。


by うたうたい りりぃ