【詩人 高橋有男】


【詩人 高橋有男】

脳性麻痺という重度障害を抱えながらも活発に活動され、人との関わりを大事にしながら
前向きに
今を懸命に生きる方でした。

いつも笑顔で
マドンナ大好き!
詩人であり、講師をしたり、チャレンジアートの実行委員としてステージ企画したり
福祉にも貢献され、その他
音楽も好きでライブ鑑賞から
企画まで幅広く、わたしも
チャレンジアートや取手で
うたう機会を頂いたり、

ありおさんの
大好きなおりはらさんと
ツーマンライブをさせて
もらったりと

たくさんのご縁を頂いきました。

また、何かあれば、パソコンで案内や近況をマメにおくってくれていて

いつもそれが当たり前で
きっと元気だろうと思っていましたが。。

先日、お亡くなりになられたと
連絡がありました。

いまでも信じられず。
まだ笑っている気がします。
明日は、告別式。

ありおさんはきっと
笑っているかな。

何事にも終わりはあり

今を生きる事の大切さを
感じています。

優しいながらも
凛とした方でした。
わたしが20歳代からの
付き合い。

ありおさん、、
ありがとう。

しるしとしてここに書かせてもらいました。

ありおさんが作詞した作品

 僕の手
https://youtu.be/m95cn48wPe8

作者メッセージ
詩 【高橋有男】
生まれつき脳性麻痺で手も足も満足に動かせない歯がゆさと、そんな自分を常に温かく見守ってくれる大切な人への思いを詞にしました。
作曲・歌 【緒里原洋子】高橋さんの詩の魅力にメロディーが引き出されるようにして曲ができあがりました。幾度ものメールのやりとりの中で、字数や言葉の並びなどを原作の詩から発展させていき、二人で納得するまで話し合いながら作りました。

《僕の手》

僕のこの手を
望むものすべてを つかみとれるくらい
強い手に 変えられたらいいのに

僕のこの手は
ペンもフォークも持てない 弱いけれど
伝えたい この気持ちは 誰にも負けない

守りたいものをすべて
包み込めるくらい
大きくて 暖かくて 自由な手が欲しい

そしてあなたが嬉しい時 微笑みを僕の両手で
やさしく抱きしめていたいんだ


僕のこの手が 誰かの大切なもの傷つけてしまうなら
そんな手は 凍えてしまえばいい

僕のこの手で やわらかなあなたに触れられたなら
僕の心はどんなに 揺れてしまうだろう

だけど 今あなたの髪を撫でることが
できるなら 叶うなら 自由な手が欲しい

そしてあなたが悲しい時 うつむいた頬に
つたう涙をぬぐってあげたいんだ

 あなたのための手
 あなたのための 僕の手で・・・

守りたいものをすべて包み込めるくらい
大きくて 暖かくて 自由な手が欲しい

そしてあなたが嬉しい時 微笑みを僕の両手で
やさしく 抱きしめていたいんだ
僕の手で・・・
------------------------------
作詞:高橋有男&おりはらようこ
作曲・歌:緒里原洋子


c0112672_16341188.jpg

[PR]
by takanashirie | 2016-07-28 16:36 | ブログ | Comments(0)

うたうたい りりぃのつぶやき。


by うたうたい りりぃ