収穫祭。

ぐんと、寒くなってきました~。
みなさん元気ですか?お変わりありませんか?♪

龍ヶ崎のライブのあとに、以前働いていた知的障害児施設つくほう学園の収穫祭にて
うたわせていただきました。
働いていた場所で歌えたことで、「原点」に戻ったそんな風に思いました。

子供たちを育てるという仕事の中で、たくさんのことを教えてもらった場所でもあります。

障害があるということではなく、一人の人として心豊かに育ちあえるか。そして、逆に彼らから多くのことを学びました。
みんな「こころ」がある。

伝えたい気持ちがあっても障害によって上手く表現できなかったり、みせかけの行動をしたりして誤解されるが、みんな、同じだということ。

そして、想いがあれば通じ合えること。コミュニケーション、遊び、触れ合い、大切なんだということ、私たち大人でも、みんな何か抱えている。上手く表現できないこともあり自由の中にたくさんの不自由がある。

ある意味では、同じ部分がたくさんある。
そして私たちにも、遊びであったり、大切な人と肌と肌で触れ合ったり、そんなことがとっても大切なんじゃないかと思う。
色々、考え直せたそんな機会になりました。

そして、うたった場所は、ホウキョウ山が見える素敵な場所。数年かけてみんなが木を切り、運んだり、
道を作ったりして創られた場所。

みんなの思いと汗がしみこんだ場所です。障害が重い軽いに関係なく、みんな一人一人の力が
形になっている。みんなの力はすごいなと改めて思わされたし、勇気付けられました。

そんな場所を色々な方に見に来ていただいたり、交流できる場所になっていくのではないのかなと思いましたというより、そう思っています。
つくほう学園と検索するとホームページが出てくると思います。
よかったらチェックしてみてください♪
[PR]
by takanashirie | 2012-10-29 22:50 | ブログ | Comments(0)

りりぃ。 Information


by takanashirie